荒井直樹の怒涛のランキング!!

2011年8月現在“B級味覚調べ“

第1位 市ヶ谷:麺処 くるり
詳細ページはこちら

第2位 蓮根:らあめん 元(はじめ)
詳細ページはこちら

第3位 東伏見:影虎
詳細ページはこちら

第4位 野方:鶏皮煮込みつけそば 常吉(つねきち)
詳細ページはこちら

第5位 六本木:めんや 参○伍
詳細ページはこちら

★人に言えないお悩みの駆け込み寺的ショッピングサイト 金銀堂

★スワロフスキーを中心に様々なキラキラアイテムを紹介 キラ★パラ

2010年12月15日

新板橋:喜楽飯店

MAXバロメーター:★★☆☆☆

板橋区板橋にある「喜楽飯店」に行きました。
最寄駅は都営三田線新板橋駅で徒歩4分程。

喜楽飯店:外観

町で見かける“中華料理屋“みたいな雰囲気。
店内はカウンター席、4人用テーブル席2卓

喜楽飯店:餃子

お店はご夫婦できりもりしている様子。
ラーメン(450円)を注文。

450円・・・
安い!

しばらくして運ばれてきた。
“昔ながら“のラーメン?!

喜楽飯店

あっさりな醤油味。
シンプルで王道的な。。。
“懐かしい“感じがしました。

喜楽飯店:スープ

麺も中細でスープに合っている。
ちょっと柔らかめ。

喜楽飯店:麺

具は“ねぎ““ワカメ“が相性バッチリ!
“チャーシュー“は味が無くて固かったです。

喜楽飯店:チャーシュー

ちょうどいい量で満たされました。
ごちそうさまです。

新板橋:喜楽飯店



新板橋:喜楽飯店

【住 所】東京都板橋区板橋1-27-12
【電 話】03-3961-1788
【営業時間】--
【定休日】--
【予 算】〜1000円
【メモ】
カウンター席、4人用テーブル席2卓・駐車場なし・都営三田線新板橋駅より徒歩4分


posted by NAOKI at 00:16| Comment(2) | 板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

板橋区役所前:天ぷら 心平

MAXバロメーター:★★★.5☆☆

板橋区にある「天ぷら 心平」に行きました。
最寄駅は都営地下鉄三田線板橋区役所前駅で徒歩3分程。

天ぷら 心平:入口

入口にあった「揚げたての天ぷらをどうぞ」の文字に誘われ入る事に。
店内はカウンター席。

海老天丼(900円)を注文。
みそ汁、おしんこ付き。

心平:海老天丼

数分待ち出来上がり。
中々“ボリューム“がありそう。

天ぷら 心平:海老天丼

メインの“海老“から。
結構フニャっとしている衣・・・

しかし中身の海老はプリっとした食感で美味しい。
もう少し衣がサクっとしてたらと思うとちょっと残念。

天ぷら 心平

タレも美味しいのだが多すぎるせいか、ご飯が浸りすぎているような。。。
他の揚げ物も同様でした。

心平

そんな事を考えながら食べ続け、気が付くと綺麗に完食。
久しぶりの“天丼“でした。

天ぷら 心平:メニュー

“お刺身“もいいなっ!!
ごちそうさまです。

板橋区役所前:天ぷら 心平



板橋区役所前:天ぷら 心平

【住 所】--
【電 話】--
【営業時間】11:00〜14:00/17:00〜22:00
【定休日】--
【予 算】〜1000円
【メモ】
駐車場なし、都営地下鉄三田線板橋区役所前駅より徒歩3分
posted by NAOKI at 00:56| Comment(0) | 板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

中板橋:横浜らーめん 武蔵家

MAXバロメーター:★★★★☆

板橋区常盤台にある「横浜らーめん 武蔵家」に行きました。
最寄駅は東武東上線中板橋駅で徒歩4分程の環七沿い。

武蔵家:外観

店内はカウンター12席
ラーメン並(600円)を注文。

武蔵家:お好み

幹線道路沿いにあるという事もあってか、遅い時間に行ったにもかかわらず結構埋まっていた。
しかも続々と入ってくるではないか。

武蔵家:営業時間

味も美味しいって事??!!
“期待“が高まる。

中太麺にチャーシュー、海苔、ほうれん草、それに少々の“脂“
夜食べるにはちょっと重そうだが。。

“旨い“!
“味“、“脂“共に“普通“にしたのだが十分。

“こってり“だけど“コク“があり豚骨独特臭みもそんな無い。
脂も程よくてしつこくないし。

武蔵家:スープ

後味もいい感じで後を引く。
ただその反面、“クリーミー““甘さ“も目立っていましたが。

横浜らーめん 武蔵家

麺は“酒井製麺“を使用。
“固め“をチョイス。
食べ応えがあってスープともよく絡む。

武蔵家:麺

具も定番の物ばかりとあって抜群の相性。
ご飯の上にのっけて食べたくなるような程ドップリ浸した“海苔“や、柔らかくて甘いチャーシューなど。

武蔵家:チャーシュー

“並“にした為、若干物足りなさが残りましたが、時間が時間だったのでちょうどよかったのかなと。
スープまで飲み干し完食。
ごちそうさまでした。

中板橋:横浜らーめん 武蔵家



中板橋:横浜らーめん 武蔵家

【住 所】東京都板橋区常盤台1-63-9
【電 話】03-5970-3133
【営業時間】
月・水・木・金18:00〜売り切れまで
土・日・祝18:00〜売り切れまで
【定休日】火曜??
【予 算】〜1000円
【メモ】
カウンター12席・食券式・駐車場なし・東武東上線中板橋駅より徒歩4分環七沿い
posted by NAOKI at 23:32| Comment(0) | 板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

成増:らーめん 玉屋 成増店

MAXバロメーター:★★☆☆☆

板橋区成増にある「らーめん 玉屋 成増店」に行きました。
最寄駅は東武東上線成増駅で南口より徒歩2分程の川越街道沿い。

玉屋 成増店:外観

店内はカウンター席とテーブル席
らーめん(680円)を注文。

中細麺にチャーシュー、海苔、ねぎ、背脂、メンマなどが入っている。
よく見かける感じの見た目。

スープ自体にあまり味を感じない。
若干はあるものの、“コク“とかいう“レベル“ではなかった。

玉屋 成増店:スープ

どちらかというと“背脂““甘み“と食感が一番目立つ。
それが無ければ「一体どうなんだろう?」って思うようなスープ。

玉屋 成増店

麺は柔らかめだったが食べやすい。
絡みも良かっただけに“もったいない“

玉屋 成増店:麺

具は海苔、ねぎ以外“微妙“
“チャーシュー“は小さいし、“脂身“の味ばっかりするし。。。

玉屋 成増店:チャーシュー

なんとか完食はしましたが味うんぬんのらーめんではなかった為、結構“ガッカリ“
他にも色々メニューがあったけど、どうなのかな??

もう一回チャレンジしてみようかな・・・
もしかしたら?!

成増:らーめん 玉屋 成増店



成増:らーめん 玉屋 成増店

【住 所】東京都板橋区成増2-10-7 1階
【電 話】03-5967-1995
【営業時間】11:30〜翌1:30
【定休日】無休
【予 算】〜1000円
【メモ】
カウンター席、テーブル席・食券式・駐車場なし(近くにコインパーキングあり)・東武東上線成増駅南口より 徒歩2分川越街道沿い
posted by NAOKI at 04:01| Comment(0) | 板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

高島平:珍来(チンライ)

MAXバロメーター:★★.5☆☆

板橋区高島平にある「珍来(チンライ)」に行きました。
最寄駅は都営三田線高島平駅で徒歩2分程。

珍来(チンライ):外観

店内はカウンター6席、小上がり多数
カニ炒飯と担担麺のセット(850円)を注文。

珍来(チンライ):メニュー表

運ばれてきてちょっとビックリ!
“セット“というくらいだから、どちらかが“ミニ“もしくは“半分“かと思いきや“通常サイズ“だった。

珍来:メニュー表

かなりの“お得感“!
テンションアップ!!

珍来(チンライ):麺

あとは肝心の味。
まず“担担麺“から。

珍来(チンライ):担担麺

可もなく不可もなくで当たり障りないスープ。
“ゴマ“も効いていて“ピリ辛“だが“コク““まろやかさ“に欠ける。

珍来(チンライ):スープ

続いて“カニ炒飯“
こちらは・・・微妙。

珍来(チンライ):カニ炒飯

玉子の食感とカニの香りが少しするだけでほとんど味がない。
お米も結構“パサパサ“してたし。。。

珍来:カニ炒飯

“ボリューム“という面では“満足“でした。
“空腹度“が高かった為、ペロっと完食。

お腹は満たされたものの、舌と心に不満が残る結果に。
でもお客さんはたくさん居たんだよなぁ。。。

他に美味しいのがあるのかな?!
また行ってみよっかな。

高島平:珍来(チンライ)



高島平:珍来(チンライ)

【住 所】東京都板橋区高島平8-3-3
【電 話】03-3936-8631
【営業時間】--
【定休日】無休
【予 算】〜1500円
【メモ】
カウンター6席、小上がり・駐車場なし・都営三田線高島平駅より徒歩2分
posted by NAOKI at 01:59| Comment(0) | 板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

大山:中丸町 大勝軒

MAXバロメーター:★★★☆☆

板橋区中丸町にある「中丸町 大勝軒」に行きました。
最寄駅は東武東上線大山駅で徒歩10分程。

中丸町 大勝軒:外観

店内はカウンター6席
もりそば(並)650円を注文。

中丸町 大勝軒:2月のお休み

中太麺に入っている具はチャーシュー、海苔、ねぎ、メンマ、半玉。
AM11:00〜PM2:30の間だけ“ランチサービス“がありトッピングを選べるシステム。

中丸町 大勝軒:ランチサービス

メニューはフライドオニオン・バター・きのこ・もやし・コーン
気分的に“きのこ“をチョイス。

なんか美味しそうに見えてきた!
期待に胸膨らませ食べ始める。

中丸町 大勝軒

醤油ベースで“しょっぱい“つけ汁。
しかし“きのこ“で多少“カバー“されているような気が。

中丸町 大勝軒:つけ汁

味に加えて“食感“もあるので“正解“だったかなと。
後味にも影響がありました。

麺は若干“固まり気味“ですが、つけ汁に混ざるとよく絡みいい感じに。
食べ応えもあって食がすすむ。

中丸町 大勝軒:麺

具はやはり海苔、ねぎ、半玉が間違いない。
“チャーシュー“は固くて味がなく安っぽい印象が強い。

中丸町 大勝軒:チャーシュー

“当たり障りない味“だったので、なんなく完食。
お腹もそれなりに満たされた。

ちょっとだけ“中盛り“にしてもよかったかなと後々思いました。
他にも“味噌ラーメン““油そば“などがメニューに。

中丸町 大勝軒:おしながき

また行く機会があったら食べてみたいと思います。
ごちそうさまでした。

大山:中丸町 大勝軒



大山:中丸町 大勝軒

【住 所】東京都板橋区中丸町37-6
【電 話】03-3959-8688
【営業時間】11:00〜14:30/17:00〜21:00
【定休日】不定休
【予 算】〜1000円
【メモ】
カウンター6席・食券式・駐車場なし(近くにコインパーキングあり)・東武東上線大山駅より徒歩10分
posted by NAOKI at 02:32| Comment(0) | 板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

板橋:てんつくてん

MAXバロメーター:★★★☆☆

板橋区板橋にある「てんつくてん」に行きました。
最寄駅はJR埼京線板橋駅で徒歩3分程。

てんつくてん:外観

店内はカウンター9席、4人用テーブル席3卓
変身ラーメン(630円)を注文。

てんつくてん:変身ラーメン

細麺ストレートにチャーシュー、海苔、ゴマ、ねぎ、メンマなどが入っている。
ごく普通の“とんこつラーメン“

板橋:てんつくてん

何が“変身“なんだろう。。。
そんな“疑問“を抱きつつ一口目。

味・香り共に普通。
美味しくもなく不味くもない。

てんつくてん:スープ

いってみれば当たり障りのない感じ。
あえて言うならば若干味が薄いというくらい。

てんつくてん

麺は固めでスープと合う。
しかし絡みがイマイチ。

てんつくてん:麺

具も海苔、ゴマ以外は微妙でした。
“チャーシュー“は柔らかくて脂っぽい。

てんつくてん:チャーシュー

とりあえず麺は食べ終わり、かえ玉一回無料ということで頼むことに。
ここであの“変身“の出番。

“地獄のかえ玉“というのがあるらしい。
もちろん迷うことはない。

器に入った麺が登場。
ここまでは何ら変わらない。

ひっくり返しスープの中へ入れた瞬間、視界に飛び込んできたのは大量の“唐辛子“!!
真っ赤っ赤ではないか。

てんつくてん:地獄のかえ玉

まんべんなくかき混ぜ、赤いスープの出来上がり。
めっちゃ辛そう。。。

てんつくてん:かえ玉

実際は・・・そのままの通り辛い!
でも“ノーマル“よりはちょっと美味しいかも。

辛いだけあってスープが後を引きながら、こちらも完食。
お腹いっぱい、ごちそうさまです。

てんつくてん スープ



板橋:てんつくてん

【住 所】東京都板橋区板橋1-18-6
【電 話】03-3579-1570
【営業時間】--
【定休日】--
【予 算】〜1000円
【メモ】
カウンター9席、4人用テーブル席3卓・駐車場なし・JR埼京線板橋駅より徒歩3分

※社長の観察メモ※
「何これ〜??」「変身ラーメンだって〜」「面白そうじゃん!!!」「行ってみようぜ」興味津々!
中へ入っても店内を“キョロキョロ“と見ながら落ち着きがない。
出来上がって運ばれてくると“キョト〜ン“としていた。
「何だ普通じゃん」と、ちょっと“ガッカリ“していました。
がしかし、もちろん社長も“かえ玉“を注文、そこでようやく理解したみたいです。
でもそれほど驚きはなかったようで“淡々“と食べていました。
posted by NAOKI at 01:57| Comment(0) | 板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

大山:北海道らーめん ぎょらん坂 大山店

MAXバロメーター:★★★☆☆

板橋区大山東町にある「北海道らーめん ぎょらん坂 大山店」に行きました。
最寄駅は東武東上線大山駅で徒歩2分程。

ぎょらん坂:外観

店内はカウンター5席、2人用テーブル席2卓、4人用2卓
味噌らーめん(700円)を注文。

ぎょらん坂:看板

中太麺にチャーシュー、青ネギ、もやし、タマネギ、メンマなどが入っている。
“香り“はそんなにしない。

当たり障りのないスープ。
どこかで味わった事があるような気もする。

ぎょらん坂:スープ

これといって特徴はないですが、かといって美味しくないわけでもない。
ごく“普通“な味噌らーめんです。

北海道らーめん ぎょらん坂

麺は相性よくスープとも絡む。
“美味しい“って程でもなくこれもまた“無難“な感じ。

ぎょらん坂:麺

具は青ネギ、もやし、タマネギ、メンマがいい“バランス“をとっている。
チャーシューは固くて味が薄い。

ぎょらん坂:チャーシュー

ボリュームはちょうどよく適度な満腹具合。
“味噌“のせいなのかスープが最後まで後を引き、気付くとほとんど飲んでしまっていた。

ぎょらん坂:営業時間

お腹は満たされたものの、印象が薄く何か一つでも“目立つもの“が欲しい一杯でした。
他のメニューもそうなのかな。。。

大山:北海道らーめん ぎょらん坂 大山店



大山:北海道らーめん ぎょらん坂 大山店

【住 所】東京都板橋区大山東町56-6
【電 話】03-6413-8968
【営業時間】
平日11:00〜25:00
土日祝11:00〜23:00
【定休日】--
【予 算】〜1000円
【メモ】
食券式・カウンター5席、2人用テーブル席2卓、4人用2卓・駐車場なし・東武東上線大山駅より徒歩2分。
posted by NAOKI at 12:00| Comment(0) | 板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

大山:餃子の末ッ子 大山店

MAXバロメーター:★★★☆☆

明けましておめでとうございます。
新年一回目は板橋区大山町にある「餃子の末ッ子 大山店」に行きました。
最寄駅は東武東上線大山駅で徒歩7分程の川越街道沿いです。

餃子の末ッ子 大山店:外観

店内はカウンター4席、4人用テーブル席5卓、8人用テーブル席1卓
ラーメン(400円)、チャーハン(500円)、焼餃子(300円)、揚げ焼そば(500円)を注文。

どれもみんな安い。
思わず頼んでしまいました。

まずは“ラーメン“から。
細麺に具はチャーシュー、ねぎ、もやし、メンマと“シンプル“な醤油ラーメンです。

餃子の末ッ子 大山店

味はというと、う〜んと首をかしげてしまう。
あまりこだわっていないようなラーメン。
どこにでもあるような“薄口醤油“って感じでした。

餃子の末ッ子:スープ

麺は少し柔らかめで食べやすい。
馴染みのある印象が残る。

餃子の末ッ子:麺

具も相性はいいのですが、それなりの味。
“チャーシュー“は固く“イマイチ“

餃子の末ッ子:チャーシュー

次に“チャーハン“
塩、コショウが効いており“懐かしい“感じがして“安心“する味。

餃子の末ッ子:チャーハン

お次は“揚げ焼そば“
こちらは美味しい。

餃子の末ッ子:揚げ焼そば

上にかかっているあんかけと麺の組み合わせが絶妙。
適度な甘さのある野菜と麺の食感がたまらない。

そして最後に“焼餃子“
これもまた美味しかったです。

餃子の末ッ子:焼餃子

カリっとした皮に“ニラ““ニンニク“が効いてる中身とのバランスが素晴らしい。
“大きさ“もちょうどよく、“白飯“が欲しくなります。

ひたすら食べ続けて、もちろん残すことなく完食。
お腹も十分満たされ満足。

ちなみにラーメン2点、チャーハン3点、揚げ焼そば・焼餃子が4点でした。
ごちそうさまです。

餃子の末ッ子:ラーメン



大山:餃子の末ッ子 大山店

【住 所】東京都板橋区大山町23-4
【電 話】03-3955-5275
【営業時間】17:00〜24:00頃
【定休日】月曜
【予 算】〜1000円
【メモ】
カウンター4席、4人用テーブル席5卓、8人用テーブル席1卓・駐車場なし・東武東上線大山駅より徒歩7分川越街道沿い

※社長の観察メモ※
席に着くと真っ先に「とりあえずビールだな」と言って即注文。
「どんなにお腹が減っていても、まずビールなんだ」と心の中で思った僕。
そのビールを片手に“おつまみ“がてら食べる社長。
しかし周りの人からしたらおつまみという感じではなく普通の食事レベルの量でしたが。。。
さすが社長、ヘビー級クラスの体格をしているだけあるなと。
ペロっと食べて“ほろ酔い“でお店を後にしました。
posted by NAOKI at 22:59| Comment(0) | 板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

上板橋・東武練馬:麺屋 ジゴロ

MAXバロメーター:★★★★☆

板橋区にある「麺屋 ジゴロ」に行きました。
最寄駅は東武東上線上板橋・東武練馬駅で徒歩約10分程のときわ通り沿い

ジゴロ:入り口

ちょうど両駅から半分くらいの所にあります。
店内はカウンター8席

ジゴロ:看板

ジゴロ盛り(880円)を注文。
72時間熟成濃厚豚骨スープだそうです。

ジゴロ:メニュー表

チャーシュー、海苔、ねぎ、青ネギ、味玉などが入っている。
豚骨の香りが漂います。

さすが“72時間熟成“させたスープだけある。
“コク“がありつつ“まろやかさ“もあって美味しい。

麺屋 ジゴロ

口の中でフワ〜っと“濃厚豚骨“が広がってくる。
しかもしつこくなくて飲みやすい。

ジゴロ:スープ

麺は少し柔らかめですがスープにマッチしていて美味しい。
食べると止まらなくなるような感じでした。

ジゴロ:麺

具も全体的に美味しかったです。
バランスも上手にとれている。

ジゴロ:味玉

“とろ旨““チャーシュー“、甘い“味玉“、スープをたっぷり吸収した“海苔“などなど。
“ライス“があってもよかったかも。

ジゴロ:チャーシュー

“ボリューム“も結構あって十分な量。
スープまで飲み干し完食です。

“満腹度““満足度“、両方高い一杯でした。
是非とも他のメニューも食べてみたいと思いました。

上板橋・東武練馬:麺屋 ジゴロ


上板橋・東武練馬:麺屋 ジゴロ

【住 所】--
【電 話】03-5922-4973
【営業時間】11:00〜25:00
【定休日】無休
【予 算】〜1000円
【メモ】
カウンター8席・駐車場なし(近くにコインパーキングあり)・東武東上線上板橋駅より徒歩約10分、東武練馬駅より徒歩約10分ときわ通り沿い

※社長の観察メモ※
「おっ!こんなとこに出来てんじゃんラーメン屋。食ってみようぜ!!」
移動中に社長が発見し入ることに。
いざ入ってみると店内には1人しか居なくて「大丈夫かな??」と、ちょっと不安げな表情を浮かべていましたが、いつものように店員さんに“オススメ“を聞いていた。
そしてすんなりそれに決定。
普通に食べ始めたと思ったらいきなり大声で「美味い!!」発言。
本人の中で予想以上だったのでしょう。
思わずでてしまった感じでしたから。
その後は一気に“テンション““アップ“
と同時に食べるペースも加速。
最後まで「うん、美味い」を連呼しながら食べていました。
posted by NAOKI at 19:14| Comment(0) | 板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大山:塩そば専門店 真吾

MAXバロメーター:★★★★☆

板橋区大山町にある「塩そば専門店 真吾」に再び行きました。

真吾:外観

最寄駅は東武東上線大山駅南口で徒歩30秒程。

塩そば専門店 真吾:看板

店内は1階カウンター8席、2階4人用テーブル席3卓
白濁濃厚鶏そば(750円)を注文。

真吾:看板

1日限定40食だそうです。
中太麺にチャーシュー、ねぎ、海苔、焦がしタマネギ、ほうれん草などが入っている。

真吾:白濁濃厚鶏そば

“コク“がありながら結構“あっさり“しているスープ。
“鶏“旨みがでていて美味しい。

真吾:スープ

ドロっとした“ポタージュ系“ですが飲みやすく、口の中で香りが広がる。
体にやさしい感じもします。

塩そば専門店 真吾

麺は程よい固さでスープとよく絡む。
食感もよくマッチしています。

真吾:麺

具も全てバランスがとれている。
特にチャーシュー、海苔、焦がしタマネギはナイスな相性。

真吾:チャーシュー

少し物足りないくらいの量でしたがちょうどよかったかも。
美味しい印象のまま完食できたので。

真吾(しんご)

他にも“塩つけそば““白濁濃厚鶏つけそば“などがありました。
近いうちに食べてみたいと思います。

大山:塩そば専門店 真吾



塩そば専門店 真吾

【住 所】東京都板橋区大山町32-2
【電 話】03-5917-6110
【営業時間】スープがなくなり次第閉店
11:30〜15:00/17:00〜翌1:00
【定休日】月曜
【予 算】〜1000円
【メモ】
カウンター8席・食券式・駐車場なし・東武東上線大山駅南口より徒歩30秒大山ハッピーロード商店街の中
posted by NAOKI at 02:02| Comment(1) | 板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

中板橋:味噌一 常盤台店

MAXバロメーター:★★★★☆

板橋区常盤台にある「味噌一 常盤台店」に行きました。
最寄駅は東武東上線中板橋駅で徒歩4分程。

味噌一:外観

店内はカウンター14席
味噌一ラーメン(720円)を注文。

味噌一:トッピングメニュー

細麺に野菜、ワカメ、三つ葉、コーンなどが入っている。
“あっさり“してそうな薄色のスープ。

実際飲んでみると全然違う。
“コク“もあって美味しい。

味噌一:スープ

“ダシ“も効いていてしっかりと“味噌““旨み“がでている。
飲めば飲むほど後を引いてくる味。

味噌一 常盤台店

麺は少し柔らかめで食感はそんなにって感じでした。
しかしスープ・具とは絡み、食べやすさがあります。

味噌一:麺

具は全て問題なし。
中でもワカメ、コーンは特に良かったです。
「なぜこんなに合うの?」と思うくらいバツグンの相性!

“ボリューム“も適度で腹8分目。
最後までスープが止まらなかったです!
ごちそうさまでした。

中板橋:味噌一 常盤台店



中板橋:味噌一 常盤台店

【住 所】東京都板橋区常盤台1-60-2 林ビル1F
【電 話】03-3558-2827
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【予 算】〜1000円
【メモ】
カウンター14席・食券式・駐車場なし・東武東上線中板橋駅より徒歩4分環七沿い
【URL】
http://www.misoichi.com/

※社長の観察メモ※
この日は結構寒くて冷えていた為、温まりたかったということもあったのでしょう。
珍しく「味噌にしようゼ」と言ってきました。
みそ汁代わりに“スープ“、お米代わりに“麺“って意味なのかなと勝手に解釈してしまった僕。
あながち間違ってはいないのではと、今でも思ってます!
ここでまた“新事実発覚“
それは「社長がトッピング好き」という事。
もの凄く時間をかけてトッピング選びをしていた。
「そんなに悩まなくても。。。」って思ったのですが、黙って見ていました。
納得いく組み合わせが出来たのか、ようやく決まり「よ〜し!」の声と共に席へ。
その後はおとなしく満足そうに食べていました。
posted by NAOKI at 18:57| Comment(0) | 板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

小竹向原:長寿庵

MAXバロメーター:★★★☆☆

板橋区小茂根にある「長寿庵」に行きました。
最寄駅は東京メトロ有楽町線、副都心線小竹向原駅で徒歩3分程。

長寿庵:外観

店内はテーブル席、小上がり。
カレー南ばん(750円)を注文。

間違いない香り。
見るだけで安心します。

味は案外あっさり寄り。
程よい“とろみ“加減ですが少し水っぽい。

長寿庵

最初は“カレー“と思うのですが段々薄くなってきて後味はほとんど残らない。
“熱さ“でなんとか“カバー“している感じです。

長寿庵:カレー南ばん

麺は“ツルツル“していて喉越しがいい。
しかし汁とあまり絡まない。

長寿庵:麺

具は問題なし。
合わない訳がないです。

麺だけサクっと食べてしまい、後からゆっくりとカレーを堪能しました。
最後まで熱かったですが完食。
あっ、ライス頼むの忘れた〜。

小竹向原:長寿庵



小竹向原:長寿庵

【住 所】東京駅板橋区小茂根1-9-21
【電 話】03-3955-1253
【営業時間】--
【定休日】--
【予 算】〜1000円
【メモ】
テーブル席、小上がり・駐車場あり・東京メトロ有楽町線、副都心線小竹向原駅より徒歩3分

※社長の観察メモ※
珍しく「そば食おうぜ、そば」と言いだした。
たまには恋しくなったのだろうか。
ということで店内へ。
入ったはいいもののあまりのメニューの多さにちょっと戸惑っていました。
そう!!何を選ぶべきか。
ところがどっこい案外すぐに決まった。
の、だ、が、その30秒後「すいませ〜ん」の掛け声が。。。
注文チェ〜ンジ!
これで落ち着くと思いきや2度目変更が・・・
もう“我関せず“の僕。
結局これで決定しましたが、またもや問題発生??!!
その内容というのが“量の少なさ“
麺物ご飯物“セット“だったのですが全然足らなかったみたいです。
あっという間に食べ終わってしまいボソっと呟いた。
「あ〜全然足らね〜」「これじゃおやつじゃん」
また頼むのかと思いきや諦めてお店を後にしました。
posted by NAOKI at 11:00| Comment(0) | 板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

上板橋:麺や 風雅(ふうが)

MAXバロメーター:★★★★☆

板橋区常盤台にある「麺や 風雅(ふうが)」に行きました。
最寄駅は東武東上線上板橋駅で徒歩3分程。

風雅(ふうが):外観

店内はカウンター6席、4人用テーブル席1卓
豚骨魚介つけめん(750円)を注文。

風雅(ふうが)

化学調味料不使用“濃厚豚骨魚介系“だそうです。
動物系スープに鰹の厚削り日高昆布などを直接加えることでWスープよりも濃厚なとろみが生まれるとのこと。

風雅

麺は“三河屋製麺特注“の太麺を使用。
具はチャーシュー、ねぎ、水菜、海苔、メンマなど。

風雅(ふうが):麺

つけ汁は結構な“濃厚さ““ドロドロ“している。
“豚骨魚介“が口の中に一気に広がります。

風雅(ふうが):つけ汁

香りも強めで鼻を刺激する。
そしてかなり後味が残ります。

麺は“もっちり“していて食べ応え十分。
つけ汁との絡みも凄く、どんどん吸い上げていく。

麺や 風雅(ふうが)

具も相性よく美味しい。
食べやすいサイズのチャーシュー、シャキっとした食感のある水菜が特に印象的でした。

風雅(ふうが):具

“ボリューム“もそれなりで中々の満足度です。
“豚骨魚介らーめん““ちゃーしゅー丼“なども食べてみたいなと思いました。

上板橋:麺や 風雅(ふうが)



上板橋:麺や 風雅(ふうが)

【住 所】東京都板橋区常盤台4-21-4
【電 話】03-6915-7654
【営業時間】スープ及び麺が売り切れた場合は早めに終了
昼11:30〜15:00 夜18:00〜22:00
【定休日】水曜
【予 算】〜1000円
【メモ】
カウンター6席、4人用テーブル席1卓・食券式・駐車場なし(近くにコインパーキングあり)・東武東上線上板橋駅より徒歩3分

※社長の観察メモ※
「おっ!すっげ〜美味そうじゃん、行こうぜ!」と、“ノリノリ“でした。
到着すると真っ先に“小走り“でお店の中へ。
そして迷うことなく、もの凄い速さで食券を購入していた。
もちろん着席するのも“1番!!“
はやる気持ちを抑えながら待っていました。
出来上がって目の前に出されると同時に食べ始めた。
それからはもう“無言“のままひたすら“食べる、食べる、食べる“
食べ終わると満足したのか、ギロっとこっちを見て“シメ“の一言「まだっ??」
posted by NAOKI at 22:02| Comment(0) | 板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

要町:story

MAXバロメーター:★★☆☆☆

板橋区南町にある「Story」に三度行きました。
最寄駅は東京メトロ有楽町線、副都心線要町駅山手通り沿いです。

Story:外観

店内はカウンター5席、テーブル席4人用1卓、2人用1卓
チキンカレー(690円)を注文。

“マイルド“でやさしい味。
しかし甘すぎて途中から飽きてきてしまう。

story:チキンカレー

お肉も柔らかいですが甘いです。
所々にキャベツを混ぜると口の中がさっぱりする。

story

甘口が好きな方にはいいと思うのですが、僕にはちょっと甘すぎました。
もう少し辛いほうがよかったです。

チキンカレー

“ボリューム“はそれほどでもなかったですが後半は結構苦戦しつつ完食。
“辛口“ってないのかな。。。

要町:story



要町:Story

【住 所】東京都板橋区南町15-7
【電 話】03-3955-2882
【営業時間】11:30〜14:30 18:00〜23:00
【定休日】日曜
【予 算】〜1000円
【メモ】
カウンター5席、テーブル席4人用1卓、2人用1卓・駐車場なし・東京メトロ有楽町線、副都心線要町駅・山手通り沿い

※社長の観察メモ※
同じくチキンカレー(690円)を注文。
やはり社長でも甘すぎたらしい。
「大丈夫、大丈夫」とは言っていましたが、きつそうでした。
完食はしたものの「甘い〜」と呟いていました。
posted by NAOKI at 01:06| Comment(2) | 板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

蓮根:らあめん 元(はじめ)

MAXバロメーター:★★★★★

板橋区坂下にある「らあめん 元(はじめ)」に行きました。
最寄駅は都営地下鉄三田線蓮根駅で徒歩1分程。

元(はじめ):外観

店内はカウンター9席
特塩らあめん(950円)を注文。

元(はじめ):看板

濃厚なダシをとれる鶏の首ガラを煮出し、香ばしい風味が特徴のサンマ節を加えているそうです。
麺は“三河屋製麺“を使用。

元(はじめ):営業時間

“黄金色“のスープが発するサンマ節の芳香。
チャーシュー、ねぎ、しめたけのこ、味付玉子などが入っている。

らあめん 元(はじめ)

“上品“であっさり味のスープ。
レンゲですくうと光り輝いている。

元(はじめ):スープ

“コク“もありとても美味しい。
やさしい後味で飲みやす過ぎます。
まさに“特塩“って感じです。

元(はじめ):メニュー

麺は細くスープとマッチしていて食べやすい。
絡みもよく口の中で“塩“がフワ〜っと広がる。

元(はじめ):麺

具もあっさりに合わせられており全部美味しい。
特に“しめたけのこ“、“味付玉子“は頭ひとつ抜けている。

元(はじめ)

チャーシューも柔らかく少し甘い。
とにかくツッコミ所がなかったです。

元(はじめ):チャーシュー

量は若干少なく感じましたがスープを全て飲み干してちょうどいいくらいでした。
最後の一滴まで飲み干し完食。

元:メニュー

是非また行きたいお店です。
次は“土曜限定10食““濃厚鶏ポタ塩つけ麺“を食べたいな〜!!
“イベリコ丼“も!!

蓮根:らあめん 元(はじめ)



蓮根:らあめん 元(はじめ)

【住 所】東京都板橋区坂下2-16-11
【電 話】03-5392-9567
【営業時間】
平日昼11:30〜14:30 夜18:00〜スープ終了(21:00頃)
土日祝11:30〜スープ終了時(15:00頃)
【定休日】月曜
【予 算】750円〜
【メモ】
食券式・駐車場なし・都営地下鉄三田線蓮根駅より徒歩1分

※社長の観察メモ※
最初は“半信半疑“でした。
向かう途中ず〜っと「大丈夫かな?美味いかな??」“不安げ“な顔でブツブツ言っていた。
社長も“特塩らあめん“を注文し、静かに待機。
そして食べ始めてすぐに“表情““急変“した。
そう、あまりにも美味し過ぎたのだ!!
その後は「やべぇ」を連発しながら食べていました。
久しぶりに“相当ヒット“だったみたいです。
もちろん綺麗に完食したのは言うまでもない。
お店を出た後もずっと「いや〜美味かった〜」「久々だな〜。来てよかったー」“大大大満足“だったみたいです。
そして最後の締めの一言「明日行く?っていうか毎日行っちゃう?!」でした。
ホームラ〜ン!!!
posted by NAOKI at 01:36| Comment(0) | 板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

大山:中華そば もりそば さい

MAXバロメーター:★★★☆☆

板橋区大山町にある「中華そば もりそば さい」に行きました。

さい:外観

最寄駅は東武東上線大山駅東口で徒歩2分程。

さい:営業時間

店内はカウンター7席

さい:メニュー表

もりそば並300g(700円)を注文。

中華そば もりそば さい:メニュー表

醤油ベースのつけ汁。
中太麺にチャーシュー、ねぎ、海苔、ナルト、ワンタン、半玉、メンマなどが入っている。

香りはそんなにしないがちょっと甘い。
「あ〜この味ね」と思う“つけ汁“。

さい:つけ汁

麺も同様。
このつけ汁にはこの麺みたいな。

さい:麺

もちろん絡みもよく量も多いので嬉しい限りです。
食べ応えもあり、そのまま食べても平気だし。

中華そば もりそば さい:麺

具は半玉、メンマ、ワンタンが美味しかったです。
特にワンタンは僕の中では珍しく“初々しさ“がありました。

さい:具

結構な“ボリューム“でしたが食べてみると思っていた程ではなかったです。
食べやすさもあったせいかすんなりって感じでした。

中華そば もりそば さい:つけ汁

しかし後半、味に飽きてしまいましたが。
次は“中“にしてみようかな。

大山:中華そば もりそば さい



大山:中華そば もりそば さい

【住 所】東京都板橋区大山町8-6
【電 話】03-3972-8553
【営業時間】
11:00〜スープがなくなり次第終了
【定休日】
しばらくの間休まず営業
【予 算】〜1000円
【メモ】
カウンター7席・食券式・駐車場なし(近くにコインパーキングあり)・東武東上線大山駅東口より徒歩2分

※社長の観察メモ※
社長が発見したお店。
まだオープンして間もないみたいで「何ここ!!食おうぜ」“食べる気満々“でした。
入ったはいいものの注文したのは社長にしては弱気“並300g“
てっきりあの勢いのままだと“大600g“でもいくのかと思ったのですが。。。
その後はおとなしく食べていました。
posted by NAOKI at 23:18| Comment(0) | 板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

東武練馬:らーめん いち

MAXバロメーター:★★★☆☆

板橋区徳丸にある「らーめん いち」に行きました。
最寄駅は東武東上線東武練馬駅で北口より徒歩30秒程。

らーめん いち:外観

店内はカウンター10席
醤油らぅめん(630円)中盛1.25倍無料を注文。

らーめん いち:営業時間

“オーソドックス“な醤油らーめん。
中細麺にチャーシュー、ねぎ、ほうれん草、焦がしねぎ、メンマが入っている。

スープはしっかりと“ダシ“が効いています。
口の中で“醤油“を堪能できる。

らーめん いち

“あっさり“で口当たりもよく飲みやすい。
ス〜っと喉を通っていきます。

らーめん いち:スープ

麺は少し柔らかめで“フニャ“っとした食感が残ります。
絡み具合も“イマイチ“かなと。

らーめん いち:麺

具は相性よく美味しい。
“チャーシュー“だけは固くて薄味で“肉“って感じがしませんでした。

らーめん いち:チャーシュー

量は麺を1.25倍にしたので結構な“ボリューム“
しかし麺の割合が多く、具との“バランス“がとれていないような。

とは言ってもいつもと何ら変わらず完食。
“つけめん“も食べてみたいな。

東武練馬:らーめん いち



東武練馬:らーめん いち

【住 所】東京都板橋区徳丸3-1-3
【電 話】03-3559-7916
【営業時間】
平日11:30〜14:30 18:00〜25:00
土・祝11:30〜15:00 17:30〜24:30
【定休日】日曜
【予 算】〜1000円
【メモ】
カウンター10席・駐車場なし・東武東上線東武練馬駅北口より徒歩30秒

※社長の観察メモ※
“らぅめん“を頼んでいた。
しかも“普通盛“のままで。
「あれっ?」と思いつつも“スルー“していました。
すると突然「すいません、やっぱり全部のせにしてもらっていいですか?」と。
「やはりきたかと」心の中で納得する僕。
その後はこのチョイスが“正解“だったかのように食べていました。
そして、とても“満足そう“でしたとさ。
posted by NAOKI at 02:07| Comment(0) | 板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

要町:Story

MAXバロメーター:★★★★☆

以前にもご紹介した板橋区南町にある「Story」に行きました。
最寄駅は東京メトロ有楽町線、副都心線要町駅山手通り沿いです。

Story:外観

店内はカウンター5席、テーブル席4人用1卓、2人用1卓
★★(ニボシ)そば700円を注文。

中細ストレート麺にチャーシュー、海苔、ねぎ、玉ねぎ、ナルトが入っている。
透き通ったスープでいい香りがします。

味は“あっさり“していて“ダシ“がよく効いている。
飲みやすいスープで美味しいです。

Story:スープ

あっさり味だとダシが出ていなく薄かったりすることが多い中しっかりとしている。
“旨み“を堪能できます。

麺は食べやすい。
“絡み具合“もよく“喉越し“もいいです。

Story:麺

具もそれぞれが美味しい。
特に“チャーシュー“は柔らかく“お肉“って感じがしました。

Story:チャーシュー

少なすぎず多すぎず適度な量で全体的に“バランス“のとれた一杯でした。
次は何食べようかな。

要町:Story



要町:Story

【住 所】東京都板橋区南町15-7
【電 話】03-3955-2882
【営業時間】11:30〜14:30 18:00〜23:00
【定休日】日曜
【予 算】〜1000円
【メモ】
カウンター5席、テーブル席4人用1卓、2人用1卓・駐車場なし・東京メトロ有楽町線、副都心線要町駅・山手通り沿い

※社長の観察メモ※
前にも説明したと思いますが“お店“というよりは“店員さん“を気に入ってる社長。
もちろん味もでしょうけど。
向かっている途中「あの店員さんいるかな?」と僕に問いかけてきました。
店内へ入るとその店員さんの顔を見て“一安心“した様子。
その後は“通常通り“でした。
posted by NAOKI at 13:21| Comment(2) | 板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

上板橋:つけ麺屋 麦亭

MAXバロメーター:★★☆☆☆

板橋区常盤台にある「つけ麺屋 麦亭」に行きました。
最寄駅は東武東上線上板橋駅北口徒歩1分程

「ちりめん亭」ニューブランド「麦亭 」がつけ麺をメインにオープンしたお店だそうです。
つけ汁によって中太麺と細縮れ麺を使い分けているとのこと。

麦亭:外観

店内はカウンター10席
つけ麺大盛(680円)を注文。

魚介系スープ鶏豚白湯スープを合わせたつけ汁。
チャーシュー、ねぎ、刻みねぎ、メンマなどが入っています。

麦亭

濃厚そうな見た目。
まずつけ汁から。

爽やかな“柚子“の風味が口に広がります。
しかしあっさりでコクがなく味が薄い。

麦亭:つけ汁

“味““香り“に負けている感じです。
次に麺を浸けて。

麦亭:麺

絡みはいいのですが・・・
麺自体はコシがあって食べ応えがあります。

つけ麺屋 麦亭

具は至って“普通“
つけ汁との相性やバランスはよかったです。

麦亭:具

量としてはちょうどよく腹8分目程度。
全体的に“物足りなさ“を感じながら完食しました。

上板橋:つけ麺屋 麦亭



上板橋:つけ麺屋 麦亭

【住 所】東京都板橋区常盤台4-33-3浅香ビル1F
【電 話】03-3550-9580
【営業時間】売り切れ次第終了
11:00〜20:00
【定休日】火曜
【予 算】〜1000円
【メモ】
カウンター10席・食券式・駐車場なし・東武東上線上板橋駅北口から徒歩1分

※社長の観察メモ※
この時はとにかくお腹が減っていて何でもよかったみたいです。
1分1秒でも早く食べたかったらしい。
食べ始めると“もの凄い勢い“で麺を口へ運んでいた。
もう“流し込む“って感じでおそらく噛んでいなかったと思います。
あっという間に食べ終わってしまい僕待ち。
味はともかくお腹がある程度満たされて落ち着いたっていう表情でした。
お店を出た直後、麦亭の事には一切触れず発した一言「次どこ食う?!」
まだ食べるのかい〜
posted by NAOKI at 12:26| Comment(0) | 板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。