荒井直樹の怒涛のランキング!!

2011年8月現在“B級味覚調べ“

第1位 市ヶ谷:麺処 くるり
詳細ページはこちら

第2位 蓮根:らあめん 元(はじめ)
詳細ページはこちら

第3位 東伏見:影虎
詳細ページはこちら

第4位 野方:鶏皮煮込みつけそば 常吉(つねきち)
詳細ページはこちら

第5位 六本木:めんや 参○伍
詳細ページはこちら

★人に言えないお悩みの駆け込み寺的ショッピングサイト 金銀堂

★スワロフスキーを中心に様々なキラキラアイテムを紹介 キラ★パラ

2009年11月22日

東川口:麺匠 喜楽々(きらら)

MAXバロメーター:★★★★☆

埼玉県川口市戸塚にある「麺匠 喜楽々(きらら)」に行きました。
最寄駅はJR東川口駅で徒歩2分程。

喜楽々(きらら):外観

埼玉の人気店「むさし坊」東川口店が屋号を変え新たな試みを開始したそうです。
店内はカウンター11席

喜楽々(きらら):看板

オススメの津軽らーめん中(600円)を注文。
ご当地ラーメンとして注目される「青森煮干ラーメン」を高価なイワシの焼干を用いてさらにクオリティを高めた一杯とのこと。

麺は自家製の細麺ストレート。
チャーシュー、ねぎ、メンマとシンプルな具。

麺匠 喜楽々(きらら)

“上品さ“があり“あっさり“している。
“コク“もあって美味しい。
醤油の立ったキレのあるスープで“焼干“の旨味がでている。

喜楽々(きらら):スープ

麺は食べやすく風味豊か。
喉越しもよく美味しさを“堪能“できます。

喜楽々(きらら):麺

具も少ない種類ですが、すべて美味しい。
相性もバッチリで更にスープ・麺の美味しさを引き立たせています。

喜楽々(きらら):チャーシュー

量も“中“にしたのでちょうどいい感じで完食。
ごちそうさまでした。

他のメニューで“みそカレー牛乳ラーメン“というのがあり、とても気になりました。
次回食べてみようかな。

東川口:麺匠 喜楽々(きらら)



東川口:麺匠 喜楽々(きらら)

【住 所】埼玉県川口市戸塚2-24-4
【電 話】048-298-8634
【営業時間】11:30〜翌1:00
【定休日】第3火曜
【予 算】〜1000円
【メモ】
カウンター11席・食券式・駐車場あり(3台)・JR東川口駅より徒歩2分

※社長の観察メモ※
「おっ!これ美味そう、行ってみようぜ」ということで行くことに。
珍しく“あっさり系“に興味を示した。
普段はほとんど“こってり“にしか反応しない社長。
たまには食べたくなったのでしょう。
しかもお口に合ったらしく「美味い美味い」と言って満足そうに食べていました。
帰り際、社長もやはり“みそカレー牛乳ラーメン“が気になったらしく「どんなんだろう?美味いのかな??」ブツブツ言いながらお店を後にしました。


posted by NAOKI at 14:26| Comment(0) | 23区外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。