荒井直樹の怒涛のランキング!!

2011年8月現在“B級味覚調べ“

第1位 市ヶ谷:麺処 くるり
詳細ページはこちら

第2位 蓮根:らあめん 元(はじめ)
詳細ページはこちら

第3位 東伏見:影虎
詳細ページはこちら

第4位 野方:鶏皮煮込みつけそば 常吉(つねきち)
詳細ページはこちら

第5位 六本木:めんや 参○伍
詳細ページはこちら

★人に言えないお悩みの駆け込み寺的ショッピングサイト 金銀堂

★スワロフスキーを中心に様々なキラキラアイテムを紹介 キラ★パラ

2009年04月27日

西永福:西永福前 臨機

MAXバロメーター:★★★★☆

杉並区の永福にある「西永福前 臨機」に行きました。
最寄駅は京王井の頭線西永福駅南口からすぐの所で分かりやすいです。

臨機 外観

この数年で徐々に増え始めている鮮魚系ラーメンのお店。
方南町の行列店「地雷源」で修業した店長ら3人で創業したお店だそうです。

臨機 のれん

店内はカウンター7席、4人用テーブル席3卓で結構広い印象。
チャーシュー麺(950円)を注文。

臨機 メニュー表

スープは鯛、マグロなどからで、築地直送の新鮮なマグロを贅沢に使用している。
マグロと鯛の頭をメインに作る風味豊かな鮮魚系のスープ。
約160杯分のスープに対して20尾の鯛の頭を投入しているとのこと。

臨機 メニュー表

半分は湯通し、半分は塩を振ってから焼くという下処理を施している。
鯛やマグロのアラでダシをとったスープに、うま味を残らず吸い上げる低加水麺を合わせている。

臨機 麺

具はチャーシュー、ねぎ、焦がし玉ねぎ、メンマなどに大ぶりなチャーシューが4枚。
あっさり味ですが、繊細で奥深い味わいです。

“さっぱりとした飲み口“
という印象。
ダシがしっかり出ており、舌で感じられます。

臨機 スープ

スープと具の絡みもいい感じです。
特にチャーシューは醤油ダレがしっかり染み込んでいて美味しい。

臨機 チャーシュー

食べやすいこともあって手を止めず食べ続け完食。
鮮魚系特有の香ばしい潮の香りと甘味を堪能しました。

西永福 臨機

味とは別に強く印象に残っていたのが複数いた定員さんの一人。
テンパっていたのかそういう戦略(演技)なのかわからないですが、落ち着きがなく慌てている感じで、食器を倒したり接客態度が雑だったりで、あまり良い印象は受けませんでした。

お店データ
  西永福:西永福前 臨機
   住所:東京都杉並区永福3-35-8
   電話:03-5355-5884
営業時間:平日11:30〜15:00 18:00〜23:00 日祝11:30〜21:00
  定休日:4月からしばらくの間木曜
   予算:800円〜
    メモ:カウンター7席、4人用テーブル席3卓・駐車場なし・京王井の頭線西永福駅南口よりすぐ

※社長の観察メモ※
この時は複数で訪れ、お店も結構混んでいた為、別々の席でした。
様子を伺った感じでは、話も盛り上がっており笑顔で食べていました。
味・具についてや他の話題など、楽しそうでした。
お店を出た後、感想を聞くとニッコリして「美味かったよ!」と言ってました。


posted by NAOKI at 22:10| Comment(0) | 杉並区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。