荒井直樹の怒涛のランキング!!

2011年8月現在“B級味覚調べ“

第1位 市ヶ谷:麺処 くるり
詳細ページはこちら

第2位 蓮根:らあめん 元(はじめ)
詳細ページはこちら

第3位 東伏見:影虎
詳細ページはこちら

第4位 野方:鶏皮煮込みつけそば 常吉(つねきち)
詳細ページはこちら

第5位 六本木:めんや 参○伍
詳細ページはこちら

★人に言えないお悩みの駆け込み寺的ショッピングサイト 金銀堂

★スワロフスキーを中心に様々なキラキラアイテムを紹介 キラ★パラ

2009年04月21日

武蔵小山:ボニート・ボニート

MAXバロメーター:★★★★☆

以前にも行った事のあるお店、武蔵小山の「ボニート・ボニート」に、また行きました。
東急目黒線武蔵小山駅西口より徒歩3分くらいです。

ボニート・ボニート 外観

店内はカウンター10席。
今回は正油あらびき(800円)にトッピングでチャーシュー、じゃこめし(400円)を注文。
前回行ったとき、チャーシューがあまりにも美味しかったので追加しちゃいました。

カツオ節と煮干しをふんだんに使い仕上げたスープに、動物系ダシでコクをプラスしている。
見た目は“正油らーめん“とあまり変わらないですが、“鰹“の香りが凄いです。

ボニート・ボニート スープ

中太ストレート麺に、チャーシュー、メンマ、ワカメ、ねぎ、三つ葉。
あと半生荒削りの“鰹節“も大量に入っています。

味はじっくり取られた和風味が効いており、すっきりした味わいです。
食感のよい“鰹節“でかなりの魚介風味を感じられます。
とにかく“鰹“、“鰹“、“鰹“って感じでした。

ボニート・ボニート 麺

具も前回同様スープとマッチしており、美味しいです。
ワカメ・三つ葉は特に合っています。

チャーシューはトッピングで頼むほど美味しいということです。
しかも大きくて分厚い
なのに箸でつまむと崩れてしまうくらい柔らかく、タレの味がしっかりと染み込んでいる。
結構なボリュームでした!

ボニート・ボニート チャーシュー

“じゃこめし“はシラスがどっさりとのっていて、甘味豊かで美味しかったです。
そのまま食べても良し、醤油をかけても良しです。

ボニート・ボニート じゃこめし

今回は鰹節の豊かな風味を満喫しました。
食べ終わってみると思っていたよりボリュームがあり、結構な満腹感でした。

武蔵小山 ボニート・ボニート

お店データ
武蔵小山:ボニート・ボニート
   住所:東京都品川区小山4-1-8
   電話:03-3792-7713
営業時間:平日11:30〜14:3018:30〜22:00土日祝11:30〜15:0018:30〜22:00(各LO)
  定休日:月曜
   予算:〜1000円
    メモ:食券式・カウンター10席・駐車場なし・武蔵小山駅西口より徒歩2分

※社長の観察メモ※
僕の情報を聞き、楽しみにしていました。
ようやくその念願が叶うということで、ウハウハでお店へ向かい足取りも軽い。
もちろん社長も僕と同じメニューを注文。
目の前にきた瞬間「おっうまそうじゃん!!」と、声を出していました。
食べ始めてまもなく「うまいじゃん!!」と言ってくれました。
まずい物はまずいとハッキリ言う人なので、心の中で「良かった〜」と一安心。
社長も結構お腹がきつかったらしく苦戦していましたが、綺麗に完食し、満足して帰りました。


posted by NAOKI at 00:18| Comment(0) | 品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。