荒井直樹の怒涛のランキング!!

2011年8月現在“B級味覚調べ“

第1位 市ヶ谷:麺処 くるり
詳細ページはこちら

第2位 蓮根:らあめん 元(はじめ)
詳細ページはこちら

第3位 東伏見:影虎
詳細ページはこちら

第4位 野方:鶏皮煮込みつけそば 常吉(つねきち)
詳細ページはこちら

第5位 六本木:めんや 参○伍
詳細ページはこちら

★人に言えないお悩みの駆け込み寺的ショッピングサイト 金銀堂

★スワロフスキーを中心に様々なキラキラアイテムを紹介 キラ★パラ

2009年03月01日

上板橋:ガガガ職堂

MAXバロメーター:★★★☆☆

東武東上線上板橋駅北口より徒歩3分くらいの所にある「ガガガ職堂」。
バスが走っている大通りから中の方へ入っていくので見つけづらいかもしれません。

到着すると満席だったらしく外で1人待っていた。
その後に並び定員さんに「こちらからお選びください」とメニュー表を渡され考えがら席が空くのを待つ。

090227_1948~0002.jpg

回転率が遅いのかタイミングが悪かったのか、10分程待ちようやく案内された。
カウンター8席の店内。
異様に暑かったのを覚えています。

周りは常連さんみたいな人達ばかりでした。
濃味噌ラーメン(750円)にトッピングで味玉を注文。

定員さんが「あと○分○秒で麺茹であがります」と細かいやり取りをしていたのが印象的でした。
そんな事を考えているうちに出来あがり。

090227_1926~0001.jpg

見てびっくりのボリューム!
一瞬心のなかで「二郎?」と思ってしまうほどでした。

器から具とスープがはみ出てしまいそうではないか。
メンマ、コーン、うずらの卵、ねぎ、背脂、そしてあふれんばかりのもやしが入っている。

090227_1931~0001.jpg

まずはスープから。
味噌味は感じられるのだがあっさりでいまいちコクが感じられない。

続いてゆっくりとかき混ぜ下の方から麺を取り出し食べ始めた。
麺は麺屋零式本店のを使用。
太麺でコシがありスープとも絡み食べ応えがある。

具は特にメンマ、もやしは相性が良い。
でもとにかくボリュームが凄い。

090227_1931~0002.jpg

お水とティッシュが手離せない状態。
ひたすら食べ続けた。

量的には満足でちょっと多いくらいでした。
もっとスープが濃厚でコクがあればと思いながら完食。

あれなら回転が遅くても納得かなと思います。
“インパクト負け“というのが率直な感想です。

090227_1930~0001.jpg

お店データ
  上板橋:ガガガ職堂
   住所:東京都板橋区常盤台4-29-6内室ビル1F
   電話:03-6225-0104
営業時間:19:00〜24:00(LO) ※12:00〜14:00は醤油、23:30〜翌1:00は塩専門のガガガやとして営業
  定休日:不定休
   予算:〜1000円
    メモ:カウンター8席・駐車場なし・東武東上線上板橋駅北口より徒歩3分

※社長の観察メモ※
メニュー選びでもうお馴染みの言葉が。。。
「どれがオススメか定員さんに聞いてくんねぇ」
「またでたか〜」と思いつつ聞かされる僕。
濃味噌ラーメンということでしたが辛味噌ラーメン(800円)にトッピングで味玉をチョイスしていた。
さずがにあのボリュームには社長も驚きを隠せなかったみたいです。
尋常じゃないほどの汗をかきポタポタたらしながらひたすら食べていた。
僕の方をかまう余裕もないくらい必死だった。

★社長の一言★
活躍できない中澤(サッカー日本代表選手)のような感じ


posted by NAOKI at 11:00| Comment(0) | 板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。