荒井直樹の怒涛のランキング!!

2011年8月現在“B級味覚調べ“

第1位 市ヶ谷:麺処 くるり
詳細ページはこちら

第2位 蓮根:らあめん 元(はじめ)
詳細ページはこちら

第3位 東伏見:影虎
詳細ページはこちら

第4位 野方:鶏皮煮込みつけそば 常吉(つねきち)
詳細ページはこちら

第5位 六本木:めんや 参○伍
詳細ページはこちら

★人に言えないお悩みの駆け込み寺的ショッピングサイト 金銀堂

★スワロフスキーを中心に様々なキラキラアイテムを紹介 キラ★パラ

2009年02月02日

三宿:板蕎麦 山灯香

MAXバロメーター:★★★★☆

仕事で次の場所へと車で移動中、国道246沿いの世田谷近辺にて発見したお店「板蕎麦 山灯香」。
外見は綺麗で値段が高そうな感じ。

090129_0235~0001.jpg

たまには蕎麦をという事で食べることに。
店内は広々としていて落ち着き感があり、お酒もたくさん置いてある「蕎麦酒場」みたいな雰囲気。

おためし蕎麦切り(880円)を注文。
これはもり汁と胡麻ダレ、二つのつけダレを楽しめる。
お蕎麦は長方形の大きな器に広げるように盛ってあり、なんかちょっとオシャレな印象を受けました。

もり汁はあっさりシンプルな味で飲んだ後でもそうでなくてもサラサラっと食べられる味です。
一方の胡麻ダレは濃厚でゴマの香りと味が全面にでていて美味しいです。

胡麻ダレはあんまり食べ過ぎると飽きてしまうかもしれませんが半分ずつくらいで食べればあっさり、こってりでちょうど良いバランスで気持ちよく食べられます。

太めな蕎麦なのでコシがあり食べ応えがあります。
そのまま何も付けずに食べても新鮮さが伝わり美味しいです。
男性はもり汁で1枚、胡麻ダレで1枚、女性の方は1枚を半分ずつが理想的でしょうか。

090129_0223~0001.jpg

お店データ
   三宿:板蕎麦 山灯香
   住所:東京都世田谷区太子堂1-4-35
   電話:03-5779-3670
営業時間:17:00〜翌4:30
  定休日:--
   予算:2000〜3000円
    メモ:駐車場なし

※社長の観察メモ※
もちろん1枚で足りるわけがなく追加オーダー。
胡麻ダレで1枚、もり汁で1枚をぺロッと食べていた。
そして3枚目ですごく悩み始めた。
「たのもっかな」「やめよっかな」とブツブツ言い始め、僕に向かって「どうしよう、どうしたらいいかな?」と言ってきた。
いやいや今さらそのお腹で悩むほどではないでしょうと心の中でツッコミました。
結局3枚目は頼みませんでした。


posted by NAOKI at 22:23| Comment(0) | 世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。