荒井直樹の怒涛のランキング!!

2011年8月現在“B級味覚調べ“

第1位 市ヶ谷:麺処 くるり
詳細ページはこちら

第2位 蓮根:らあめん 元(はじめ)
詳細ページはこちら

第3位 東伏見:影虎
詳細ページはこちら

第4位 野方:鶏皮煮込みつけそば 常吉(つねきち)
詳細ページはこちら

第5位 六本木:めんや 参○伍
詳細ページはこちら

★人に言えないお悩みの駆け込み寺的ショッピングサイト 金銀堂

★スワロフスキーを中心に様々なキラキラアイテムを紹介 キラ★パラ

2009年01月23日

高田馬場:うどん屋 喜心(きごころ)

MAXバロメーター:★★★★☆

打ち合わせが終わり次の場所へと移動する通り道「うどん屋 喜心(きごころ)」を発見しました。
たまにはうどんもいいなという事で入りました。

早稲田通り沿いの飲食店が並んでいる一角にあります。
純和風な感じ。

090121_1643~0001.jpg

店内は広々としています。
肉つけうどん(850円)を注文。

豚肉、きざみねぎ、長ネギ、ゴマなどが入っている濃厚そうなつけ汁。
ゴマのいい香りが広がってきます。

あせる気持ちを抑えゆっくり口の中へ。
こしのある麺にドロドロのゴマダレが良く絡みます。
口の中でまざりあうとギュッと引き締まってコシのある麺が濃厚なゴマダレの中を突き破っていきその後から豚肉、ねぎなどが追っかけてくる感じでした。

濃厚だけどあっさりの印象で終わるのでまたすぐ口に運びたくなる味です。
ふと気づくといつのまにか食べ終わってました。

量はそんなに少なくないのですがもう1人前でもペロっといけそうな感じでした。
夏の暑い時に食べたら・・・と思っちゃいました。

090121_1633~0001.jpg

お店データ
高田馬場:うどん屋 喜心(きごころ)
   住所:東京都新宿区西早稲田2-18-26-1F
   電話:03-5285-0166
営業時間:11時〜翌1時ラストオーダー0時30
  定休日:無休
   予算:〜1000円
    メモ:駐車場なし(目の前にパーキングメーターあり)

※社長の観察メモ:
何故かこの時はおとなしい。
「何故だ。何かがおかしい。身体に異変でも??」と思いながらも食べ始め終始無言のまま時は過ぎ。。。
食べ終わる頃にようやく口を開きました。
が、「うん、うまい」の一言だけでした。
どうしちゃったんだろう・・・
未だその謎は解明しておらず。


posted by NAOKI at 10:00| Comment(0) | 新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。